ボーイングはステルスの脅威にスーパーホーネットブロックIIIで対抗できるスーパーコネクテッド航空機を提供しています

8月XNUMX日、ボーイングは 最初のF / A-18FスーパーホーネットブロックIIIが工場を出る。 数多くの技術的進化を示したブロックIIIは、年末にスーパーホーネットブロックIIで成功するはずです。 アメリカ海軍に配達 昨年4月の17。

この航空機は、米海軍の利益のために飛行試験を実施することを目的としたXNUMXつのスーパーホーネットブロックIIIの最初のものです。 したがって、ブロックIII規格に固有のすべての機器を徐々に受け取り、最初の完全装備の航空機を今後数か月で納品できるようになります。 米海軍の戦隊を大規模に装備するブロックIIと比較して、ブロックIIIは、接続性、センサー、インターフェース、および自律性の点で多くの改善を示すはずです。

工場出荷時の最初のスーパーホーネットブロックIII。 スーパーホーネットブロックIIの寿命は6000飛行時間でしたが、改修プログラムにより7500時間に延長されました。 ブロックIIIは、新しい航空機とアップグレードされるブロックIIの両方で、9000飛行時間以上の寿命があります。

この記事の残りは、サブスクライバーのみを対象としています。

フルアクセスの記事は、「 無料アイテム「。 サブスクライバーは、Analyses、OSINT、Synthesisの完全な記事にアクセスできます。 アーカイブ(2年以上前)の記事はプレミアム購読者のために予約されています。

月額6,50ユーロから–時間の約束はありません。


関連記事

メタ防衛

無料
VIEW