フランス軍は国際的な脅威の展開に直面して専門化すべきでしょうか?

フランス当局が自国の軍隊を「ヨーロッパ初の軍隊」と称することを好むのであれば、多くの人は、実際、欧州連合内で現代の戦闘を指揮するために必要なすべてのスキルを備えているのはフランスだけだと説明する。多くの場合、これを達成するために質量を犠牲にしてきました。

実際、これらの「サンプル」軍隊が、たとえ多国籍軍であっても、ロシアのような対称的な敵対する高強度の交戦を長期にわたって維持できるかどうかは、この問題に関する一部の専門家によって、議論がないわけではないが、疑問視されている。

欧州の防衛努力をGDPの3%にまで引き上げることを求める声が集まっているが、より専門化された構造を確保する必要がある中で、フランスにとって、そして欧州の安全保障にとって、この世界規模の軍隊形態を維持することの妥当性については疑問の余地がある。せいぜいヨーロッパとその戦略地域における平和とフランスの利益の保護に貢献しながら、国の安全を守ることだろうか?

冷戦から引き継がれた世界的なフランス軍のモデル

現在使用されている世界的なフランス陸軍モデルは、冷戦中の政治的、技術的、国際的な発展から受け継がれています。 1956年のスエズへの英仏介入と、パリとロンドンを押し戻すためのソ連とアメリカの脅迫の後、フランス当局は、真の戦略的自治権を持ち、必要なあらゆる手段を備えることが必要であるという確信を得た。この政策を実行するために、特に軍事的に。

フランス軍を特化すべきでしょうか、それとも世界的な軍隊の形態を維持すべきでしょうか?
フランス軍を特化すべきでしょうか、それとも世界的な軍隊の形態を維持すべきでしょうか?

この教義は 2 つの部分に分かれています。第一に、フランスは、逆に自国の利益を守るためにワシントンに可能な限り近づくことを決めたイギリスとは異なり、完全に自律的な核抑止力を備えるつもりだった。

そうすれば、フランスは軍隊だけでなく、自律的かつ完全な防衛産業も備え、特に強大な権力者が監督する堂々とした徴兵制軍隊に依存しながら、従来の範囲全体にわたって完全な自律性で行動できるようにするだろう。現役の職業軍人からなる軍団。

フランスは1996年に徴兵制を放棄したものの、冷戦終結後も陸軍と世界的な防衛産業という野心を維持した。しかし、国際的緊張の低下、軍隊の専門化、そして20年以上にわたり欧州の防衛信用を損なった有名な「平和の恩恵」を前にすると、この目的は大衆に不利益を与える形でしか達成できなかった。

したがって、今日、フランス軍が世界軍を構成する(ほぼ)すべての作戦能力を備えているとしても、その量は非常に多くの場合、非常に限られており、重戦車 200 両、砲弾 120 門、空母 220 隻、さらには XNUMX 隻しかありません。戦闘機。

冷戦時代とは根本的に異なる戦略的背景

フランスの世界軍モデルが冷戦以降も続いたとすれば、今日のヨーロッパと世界に課せられている戦略的背景は、当時のものとは大きく異なっている。

東ドイツのソ連軍
ワルシャワ条約機構は 30 年代にヨーロッパ国境に沿って 000 両以上の戦車と 4 万人以上の兵士を配備しました。

この記事はまだ 75% 残っています。購読してアクセスしてください。

メタディフェンス ロゴ 93x93 2 NATO 対ロシアの緊張 |軍事同盟 |防御分析

レス クラシックサブスクリプション へのアクセスを提供する
完全版の記事広告なし,
1,99€から。


さらなる

13コメント

    • これは陸軍に関するセクションが示唆していることです。この考えは、2個の機械化旅団を備えた戦闘部隊を持つことは、特に他の連合国軍が我々よりも先にそれをうまく行っているため、陸上軍を含むフランスの特殊性を効果的かつ適切に利用することにはならない、ということである。ロシア、そしてロシアを除けば、どこに戦車が必要になるのかわかりません...

      • 射撃を開始しない限り、ロジックは有効です。この場合、努力に大きな歪みが生じることになる。デコードでは、私たちフランス人がこれを行うことができるのは、それが私たちにとって最善だからです。しかし、おそらく私たちの意見はあまり聞かれないでしょうし、この利益同盟において私たちができる貢献は、おそらく近隣諸国からも同様の観点から評価されないでしょう。
        あなたの指摘は一理あると思います。しかし、それがフィンランドやバルト三国の隣国に受け入れられるかどうかはわかりません。
        さらに、もし前線から遠く離れた工場を持つことが有益であるならば、ヨーロッパの近隣諸国が戦車工場がフランスにあることを受け入れるかどうかはわかりません。痛みなくして得るものなし。最後に、ロシアクマを恐れている小国を例に挙げると、これらの国々に「原子力と戦闘爆撃機で守る」と言うのは、まったく真剣に聞こえません。たとえ部分的であっても、ポーランドが彼らを守ってくれると彼らに伝えることは、それほど信頼できるものではありません。ロシア戦闘軍団にとって、我々はヨーロッパ戦闘軍団に対抗しなければならず、少なくとも数個の重部隊に参加することになるだろう。そしてこの戦力は火力において同等でなければなりません。もう冗談はやめましょう。

        • なぜ歪みを努力するのか。 60を捧げる代わりに Rafale 東部戦線では、フランスは 120 人か 180 人を雇用していますが、これは損失を回復できない XNUMX つの重旅団と同じくらい、おそらくはさらに敏感な取り組みになるでしょう?さらに、それは地上軍の撤退の問題ではなく、フランス軍部隊が最もよく知っている、非常に機動性があり、必要に応じて短時間の遅れで行動でき、何倍もの効果を発揮できる自律型 GTIA を活用することの問題である。精神的には、これは前線部隊と特殊部隊の間に連隊レベル(GTIA)で新たな中間階層を創設することに等しい。

          • 私が気になるのは予算のことではありません。これが死者数です。あるカテゴリーのヨーロッパ人が、他のカテゴリーよりも物理的なリスクを冒すことを認識すると、そのブロックは解体する。これは、ロシアの大都市の住民と、高い代償を払うシベリアやその他の辺境の地域の住民との間のケースである。
            その後、通常、最初の戦闘順序を定義します。その後、紛争は独自の力学に従い、最初の戦闘順序はすぐに古い記憶になります。

          • 嘘じゃないよ。いずれにせよ、我々はポーランド人、バルト三国人、スカンジナビア人、ルーマニア人たちとテーブルを囲んで、何が最も役に立つと思うかを尋ねるべきである。いずれにせよ、聞いて損はありません。

  1. このビジネスは正しい方向に向かっています。 300機の戦闘機と無人機、さらに2機のSSBN、もう少し本格的な砲兵とイギリス、スペイン、イタリアと適切に連携した海軍哨戒部隊からなる艦隊に戻ったら、全体は興味深いものになるだろうと思います。とはいえ、ドイツ人、ポーランド人、ルーマニア人、スカンジナビア人は、それを放棄と受け止めるべきではありません。そうしないと...うまくいきません。同盟を結んでいる場合、パートナーの XNUMX 人がテストの時点で血のお金を支払う準備ができていない場合、事態は直ちにさらに複雑になります。統合メカニズムが必要になります。

    • 6 SSBN に戻すことは、このオプションがどれほど魅力的であっても、簡単に行うことはできません。私たちの産業能力に関連する建物の建設と利用可能期間を超えて、これには海軍初の乗組員を含む4人の乗組員の訓練が含まれます。このような権力の増大が効果を発揮するまでには、良くても10年程度かかるだろう。
      訓練を受けた多数のパイロットと適切なインフラストラクチャーを備えている空軍についても同様です。
      水上艦隊に関しては、繰り返し発生する人員問題も議題となっている。PA2 は運用可能、PA2000 は乗組員の異動で利用不可という原則に戻るという問題であれば、2 PA = 1 人の追加水兵 + 追加乗組員を備えたフリゲート艦 (x2)治安が不安定で、激しく長期にわたる戦争が予想されるこの時期には、これは意味がありません。
      これはすべて良いことだが、そのような成果を達成するには、現実の戦争経済への移行と、フランスが受け入れるかどうかわからない予算上の選択が必要となるだろう。
      これはすべて個人的な意見ではなく、単純な分析です。なぜなら、私の意見では、そのような権力の台頭はずっと前に始まっていたはずだからです。

      • もっと言えば15年くらいかな。なぜなら、そのような仮説はSSBN 3Gの枠組み内でのみ行うことができ、最初のXNUMXつの建物はすでに建設されている必要があるからです。
        はい、それには資金の大幅な増加が必要です。この記事が、米国によって課された防衛努力の GDP の 3% への移行という仮定から始まり、追加の 1% をどのように最大限に活用するかという側面に焦点を当てている理由。これによって、LPM の現在の軌道と、それまでに計画されていた 2% の使用が変更されるわけではないことに注意してください。帽子の中だけです。

  2. 現在のロシアの人口はわずか 145 億 286 万人ですが、ソ連の人口は 1990 年に 246 億 315 万人に達しており、米国 (XNUMX 億 XNUMX 万人) よりも多いものの、NATO 加盟ヨーロッパ諸国 (XNUMX 億 XNUMX 万人) よりは少ないです。
    この議論は疑わしい。ウクライナを作り上げたこのマフィア「ダンツィヒ」のために死ぬ覚悟ができているヨーロッパ人が何人いるだろうか?祖国を守るロシア人は何人いるだろうか?

    • 経済力や社会力ではなく、軍事力の観点からのみそれを考慮しているため、それは疑わしいです。さらに、私たちが戦争状態になく、直接の脅威にさらされていない限り、そのような侵略に対して世論がどのような反応を示すかを知ることは非常に困難です。最後に、ロシア人の大多数が祖国を守る用意ができていると言うのは非常に誇張である。ほとんどの場合、経済的圧力のためか徴兵制の変化のためか、彼らには選択の余地がありません。あなたは、2022 年以降に採用または徴兵された 1,5 万人の兵士に注目しています。戦争の最初の 4 か月間で XNUMX 万人のロシアの若者が、まさにこのリスクを避けるために国外に出たことを忘れています。

  3. お疲れ様です
    この声明は私にとって衝撃的なものとは思えませんし、私たちが何も放棄すべきではなく、サンプルとして私たちが持っている能力を増やさずに保存すべきであると考えることを除いて、私はそれに同意できると思います。確かに、長期的に役立つ可能性のあるものを取り除くという間違いを犯すべきではありません。
    したがって、陸軍については、師団の予測可能な形式を維持しつつ、実際の砲兵、工学、対空、無人機、電子戦などのリソースを備えた真の完全な師団にすることを私は主張します。核戦力については私は関係ありませんが、空軍と海上戦力にとっては、ここで説明されているプロジェクトは私にとって良いことのように思えます

リゾー・ソシャウ

最新の記事