新しい日本の防衛白書は、中国とロシアを主要な脅威として挙げている

« 言わずもがななら言うほどうまくいく」。 1814年のウィーン首脳会談でフランスの外交官が発したタレーランのこの有名な文は、 日出づる国で発行された新しい防衛白書. 実際、日本は伝統的に国際舞台では控えめで慎重であるが、この文書では特に指示的で明確であり、今後 XNUMX 年間の日本の防衛努力を組み立て、ロシアを「侵略国家」として明確に指定している. 一方で、と 中国とその台湾に対する野心 特に1949年以降の自治島は、日本と同じ民主主義的価値を共有する東京の戦略的パートナーとして文書で提示されているため、地域の平和と平和を保証する国際バランスに対する主要な脅威として. そして、過去70年間、中華人民共和国と中華民国が共存し、共に成長することさえ可能にしてきた現状を維持するために、日本が必要なことは何でもすることを保証すること。

中国当局が警告を強化している一方で、 アメリカ下院議長のナンシー・ペロシが台北を訪問する可能性を背景に、台湾周辺での軍隊のデモ 本日シンガポールで始まるアジアツアーの機会に、この新しい白書の発行は、現在太平洋に存在する紛争のリスクを明確に浮き彫りにしています。千島列島周辺の XNUMX つの国、特にウクライナでのロシアの攻撃の開始に先立つ状況と類似している。後者は東京によれば、純粋にヨーロッパの枠組みを超えた平和への脅威を表している。

日本政府は、台湾を中華人民共和国に再統合しようとする北京の動きは、必要に応じて武力行使することは、日本の利益に重大な脅威をもたらすと述べている

中国とロシアの野心に内在するリスクを超えて、東京は、この枠組み文書の中で、これら 2019 つの国の間に作成されているリンクについても懸念しています。過去、特にインド太平洋地域では、朝鮮戦争と冷戦中のインドシナ戦争を超えて比較的保存されています。 特に、必要に応じて台湾を中華人民共和国に武力で併合するという中国政府の明確な意思は、憲法を読むときに完全な意味を持つ日本の利益に対する重大な脅威として文書で指定されている.XNUMX年に改訂された.当時の安倍晋三首相は、武力、特に日本の自衛隊を使用して、予防的な方法を含め、国の重要な利益を保護することを許可しています。


この記事の残りは、サブスクライバーのみを対象としています。

フルアクセスの記事は、「 無料アイテム「。 サブスクライバーは、Analyses、OSINT、Synthesisの完全な記事にアクセスできます。 アーカイブ(2年以上前)の記事はプレミアム購読者のために予約されています。

月額6,50ユーロから–時間の約束はありません。


関連記事

メタ防衛

無料
VIEW