スウェーデンは24基の追加のアーチャー155mm自走砲システムを注文する

ユーロサトリ2022展示会の際に、スウェーデン国防装備庁の局長は、BAEの常務理事であるLenaGillströmと、2025年までの買収に関する意向書に署名しました。 スウェーデン陸軍の第24砲兵大隊に装備する、155mmアーチャーの自走砲XNUMX門、すでに48のこれらのシステムがあります。 この契約は、2020年から議論されており、スウェーデン当局が国の軍隊の防御能力を強化するだけでなく、NATO基準と統合し、GDPの1,3%から削減される防衛努力を行うという新たな取り組みの一環です。 2年にGDPの2028%の最低値に達した後、今日は0,9年に2015%になりました。


この記事の残りは、サブスクライバーのみを対象としています。

フルアクセスの記事は、「 無料アイテム「。 サブスクライバーは、Analyses、OSINT、Synthesisの完全な記事にアクセスできます。 アーカイブ(2年以上前)の記事はプレミアム購読者のために予約されています。

月額6,50ユーロから–時間の約束はありません。


関連記事

メタ防衛

無料
VIEW