日本が独自の「ロイヤルウィングマン」ドローンの開発を開始

日本の当局は、2026年までに、「ロイヤルウィングマン」の概念に沿って、戦闘機に付随して検出能力と弾薬運搬能力を拡張できる戦闘ドローンを設計および製造することを目的としたプログラムの開始を発表しました。中国に対するその数値的な弱さを補う。


この記事の残りは、サブスクライバーのみを対象としています。

フルアクセスの記事は、「 無料アイテム「。 サブスクライバーは、Analyses、OSINT、Synthesisの完全な記事にアクセスできます。 アーカイブ(2年以上前)の記事はプレミアム購読者のために予約されています。

月額6,50ユーロから–時間の約束はありません。


関連記事

メタ防衛

無料
VIEW