フランスがCAESAR自走砲システムをウクライナに納入

更新23/04:モロッコの命令に対するシーザーの徴収を示す情報は誤りでした。したがって、この新しい情報に従ってXNUMX番目の段落が変更されました。

に与えられた国際政治問題に焦点を当てたインタビューで q西フランス地方紙、マクロン大統領は、クレムリンとの連絡を維持するためにウクライナと協力して行われた外交努力を超えて、フランスはまた、対タンクミサイルMILANを引用して、ウクライナに兵器を届ける努力を強化したことを示しました、そしてこれは最初です、CAESAR 155mm自走砲システム、その高精度、射程、優れた機動性で有名な銃。 フランスはそのようなイニシアチブについて言及したことがなかったので、一見、この宣言は驚くべきもののように見えました。 今日の陸軍には76門のCAESAR銃しかありません、NATOとの運用契約を履行するために必要な数はほとんどありません。 そうすれば、大統領が間違いを犯したか、ウクライナ人にも供給されていることがわかっているSATCPミストラル対空ミサイルなどの他の資料と混同したと考えることができます。

取られた情報はそうではありません、そしてフランスは確かにウクライナに一連のCAESARシステムを提供します。私たちの情報源によると「10未満」です。 これらの銃は、連隊のシステムの人員配置に影響を与えることなく、フランスのシステムの在庫から取得されます。 私たちが最初に書いたものとは反対に、これらの樽は、輸出のために進行中のネクスターの生産ラインから取り出されることはありません。 したがって、おそらく、ウクライナに送られるシステムは、連隊の人員配置に影響を与えることなく、陸軍の再生ストックから取得され、おそらく次のように発表された命令の枠組み内で、新しい命令によって後で補償されます。使い果たされたAUF33自走砲に代わる1の新世代CAESARシステムの今年の始まり。

CAESARの範囲と精度は、現在使用されている同等のロシアのシステムをはるかに上回っています。

ロシアの攻勢が始まって以来、フランスは常にウクライナへの武器の配達について特に慎重であり、その上、特定の国家元首からしばしば過度の非難を受けてきました。 しかし、パリはこれまで、弾薬、燃料、保護システム、およびMILANやミサイルなどの特定のミサイルの配送に限定されていました。 実際、CAESARのような自走砲システムの今後の提供は、この紛争におけるフランスの立場の真の進化を構成しますが、マクロン大統領によると、マクロン大統領は、ブチャの虐殺の暴露以来、ロシアの対応者とは何の接触もありませんでした。虐殺。 そして、CAESARを提供することにより、パリは、大砲と火力の戦闘に変わりつつあり、もはや戦争の試みではない、ドンバスでのロシアの攻撃に直面したウクライナ軍の最も差し迫った必要性に対応している可能性が高いです。戦争の初めのような動き。


この記事の残りは、サブスクライバーのみを対象としています。

フルアクセスの記事は、「 無料アイテム「。 サブスクライバーは、Analyses、OSINT、Synthesisの完全な記事にアクセスできます。 アーカイブ(2年以上前)の記事はプレミアム購読者のために予約されています。

月額6,50ユーロから–時間の約束はありません。


関連記事

メタ防衛

無料
VIEW