MGCS:イタリア、ポーランド、ノルウェー、イギリスは2023年からプログラムに参加できます

2012年にフランスとドイツが共同で開始した予備調査の結果、メイングラウンドコンバットシステムプログラム(MGCS)は、2017年にEmmanuelMacronとAngelaMerkelによって正式に開始され、2035年にフランスのLeclerc戦車とドイツのLeopard2sに取って代わりました。防衛産業におけるフランスとドイツの協力の3つの象徴的なプログラム、2040年にラファレと台風に取って代わるFuture Air Combat SystemまたはSCAF、2035年に自走式銃と複数のロケットランチャーに取って代わるCommon Indect Fire SystemまたはCIFS、また、Atlantic2およびOrionの海上パトロール航空機に代わる海上空中戦システムまたはMAWS。 以来、 CIFSプログラムが終了しました、MAWSのように ベルリンは5機のボーイングP-8Aポセイドンの注文を発表しました 最も古いOrionP3Cを交換します。 MGCSとSCAFのプログラムに関しては、パリとベルリンの産業面と運用面の両方の観点から大きな違いがあり、多くの困難につながっています。

MGCSプログラムが最初にLeclercを構築するFrenchNexterと、そのパートナーであるKNDSグループ内の等電位パートナーであるKrauss-Maffei WegmannまたはKMWをまとめた場合、2019年には、ドイツのRheinmetallが参加しました。産業分担の面で大きな緊張を引き起こさずにはいられなかったレオパードタンクは、当初、ネクスターとKMWの間で厳密に50%-50%ベースで計画されていました。 厳しい交渉の末、フランスとドイツはハイブリッド共有に合意し、それぞれの主要な実業家がプログラムの3つの柱を担っていますが、産業的に言えば、フランスは実際に戦闘システムの50%を生産するという保証があります。 アーキテクチャを定義する段階で進行中のこのファイルには、機動性、火力、革新性を組み合わせた戦車を望んでいる陸軍が表明したニーズと期待の間の深い相違と、ドイツ連邦軍との間に多くの反響があります。何よりも、主に防御任務のために設計された、機動性が低く、とりわけLeclercよりもはるかに重い戦車であるLeopard2の代替品を設計する予定です。 現状では、アーキテクチャ設計フェーズは、結果として生じるトレードオフが何であるかがわからないまま、2022年の終わりまたは2023年の初めまでに終了する必要があります。

ポーランド、スペイン、スウェーデンと同様に、ノルウェーの在庫にはLeopard2戦車があります。

そして、近い将来、パリにとって事態は急速に複雑になる可能性があります。 事実上、 WirtschaftWohreへのインタビューでKNDSの社長であるFranckHaunは、他のヨーロッパ諸国が短期的にMGCSプログラムに参加することを期待していることを確かに確認しました。 彼によると、イタリアだけでなく、ノルウェー、ポーランド、イギリスも、MGCSプログラムをできるだけ早く、つまり、建築の研究と定義の段階が完了したら、ここ2023年に統合したいと考えています。プログラムのアーキテクチャだけでなく構造化機能も決定するこの初期段階が終了するまで、プログラム内の新しいパートナーを考慮しないことを課したのは確かにパリです。 上記の4か国に加えて、スウェーデンとスペインもこのプログラムへの参加に関心を示しています。


この記事の残りは、サブスクライバーのみを対象としています。

フルアクセスの記事は、「 無料アイテム「。 サブスクライバーは、Analyses、OSINT、Synthesisの完全な記事にアクセスできます。 アーカイブ(2年以上前)の記事はプレミアム購読者のために予約されています。

月額6,50ユーロから–時間の約束はありません。


関連記事

メタ防衛

無料
VIEW