日本はマイクロ波銃の開発に取り組んでいます

ヨーロッパ諸国とは異なり、日本は、今日私たちが知っている激動と緊張につながる戦略的進展を大いに予想していました。 それによって、 東京は2013年以来、自国の防衛への投資を復活させました、西側諸国と同様に、2000年から2012年の間に平和の恩恵のサイレンに譲った後、この期間中の防衛努力は4,83円から4,65円に低下し、5,5、47円、すなわちそれ以上に上昇した。日本の当局は、2022年の国防予算を提示する際に、諸島の防衛努力をGDPの2%にする、現在の1,1%と比較して、直面する可能性のある脅威の激化に対応するため。

このクレジットの復活により、日本軍は、部隊と装備を近代化するためのいくつかの野心的なプログラムを同時に実施することができました。 このように、空軍は146機の第5世代F-35AおよびF-35B戦闘機を発注し、地上部隊は砲兵と装甲艦隊の一部を近代化しました。 日本海軍の自衛隊については、比類のない近代化の強制行進が行われており、8隻の就役に加えて 金剛、愛宕、マヤ級のイージス重駆逐艦、19の配達 そうりゅう型潜水艦とたいげい型潜水艦、の 22最上型重巡洋艦また、いずも型護衛艦35隻のヘリ空母駆逐艦を、F-XNUMXB搭載戦闘機を搭載できる空母に改造しました。

日本の造船所は、2年までに22隻の船を輸送することを目標に、毎年2030隻の最上型重巡洋艦を進水させています。

同時に、東京は新しい近代的な兵器システムを開発するための前例のない努力に着手しました。 メディアを超えて 第5世代中型戦闘機を開発するためのFXプログラム、日本の産業は対艦ミサイルと巡航ミサイルの開発に着手しましたが、次のような非常に革新的な兵器システムの開発にも着手しました。 極超音速ミサイル et 電気銃、またはレールガン。 明らかに、これらの最先端分野における日本の野心は、日本のマスコミが次のように明らかにしたので、絶えず成長しています。 東京はマイクロ波銃の開発を開始しました、この目的のための7,2年の国防予算の2022億円のクレジットラインを含みます。


この記事の残りは、サブスクライバーのみを対象としています。

フルアクセスの記事は、「 無料アイテム「。 サブスクライバーは、Analyses、OSINT、Synthesisの完全な記事にアクセスできます。 アーカイブ(2年以上前)の記事はプレミアム購読者のために予約されています。

月額6,50ユーロから–時間の約束はありません。


関連記事

メタ防衛

無料
VIEW