ポーランドは軍隊の近代化のために「COVID」資金調達方法を適用します

多くの面で、特に欧州連合に対するポーランド当局の姿勢は広く批判されており、さらに公然と批判されています。 しかし、ワルシャワがヨーロッパで模範的な分野がXNUMXつあります。それは、敵対者、特にロシアを、敵対者や近隣諸国に対する過度の野心から思いとどまらせるのに十分な軍事力を獲得するという決意です。 この意味で、 ポーランド 冷戦中、ドイツ連邦だけで1000台以上のF104およびF4戦闘機と、2000台以上のヒョウおよびM48重戦車を配備したとき、ボンヌの役割を毎日置き換えています。 今日、600億ドルと38万人のドイツ人と比較して、3.800万人の人口に対してわずか83億ドルのGDPにもかかわらず、ポーランド軍は約16機の戦闘機を並べています。-29、Mig-22、Su-32 (35機のF-150.000Aを注文)750ミルタイアと2 Leopard 91、PT-72およびT-XNUMXタンク、 注文時に少なくとも250M1A2SEPv3、200機の台風と竜巻の戦闘機に対して、185.000機のミルタイアと、320両の重戦車が、ドイツ軍のために運用可能と見なされています。

特に、 ワルシャワはその栄光に頼るつもりはありません、そしてXNUMX年前に開始された近代化の取り組みを引き続き支援したいのですが、その取り組みは、米国陸軍と米国空軍のモデルでのポーランド軍の標準化の形に当てはまり、この意味を成しています。 NATOの優秀な学生。 これを達成するために、ポーランド当局によれば、すぐに追加の資金を持ち、国の経済の平均成長が4%になるのを待たずに、軍の予算をすでに14億ドル、つまり2,35%に増やすことが不可欠です。 GDPの。 このために、ワルシャワは依存するつもりです COVID危機に対処するために実施されたものに匹敵する資金調達メカニズム 国では、すなわち、国家開発銀行、BGK、および国家基金RPFによって保証された基金でのポーランド人自身からの貯蓄の呼びかけ。

ポーランド軍は250台のレオパルト2A4およびA5重戦車をラインナップしており、その一部はレオパルト2PL標準に近代化されています。

ポーランド国防大臣のMariuszBlaszczakによると、このアプローチが明らかにソブリン債務を生み出す場合、当局はポーランド人の安全を保証することができ、今日では仲間の安全を開始するよりも「債務を負う」方が好ましいと考えています。市民。 確かに、わずか400億ドル、つまりドイツの同じレベルでGDPの60%の債務を抱えているポーランドは、ギリシャのGDPの200%、イタリアの135%など、この分野のヨーロッパのチャンピオンに匹敵するものではありません。 GDPの、または100%のフランス、これらすべての数値は2019年から、つまりCOVID危機の前にさかのぼります。 さらに、このように進めることにより、防衛を目的とした投資は、金融市場ではなく、ポーランド軍の貯蓄、資金調達メカニズムを統合する方法、およびポーランド軍との間のリンクによって完全に保持されます。国の人口。

Mariusz Blaszczakによれば、この財政的急落により、ポーランド軍の力を250.000万人の兵士にもたらし、それに50.000万人の領土警備隊員が追加されるはずです。 ワルシャワはヨーロッパで群を抜いて最大の軍隊を持ち、ドイツ、イタリア、フランスなどのはるかに豊かで人口の多い国をはるかに上回ります。 何のように、私たちが望むとき、私たちは解決策を見つけます。 そうでなければ、謝罪で十分です...

2019年、ワルシャワは、継承されたソビエト時代のSu-32に代わる35機のF-22Aの注文を発表しました。

関連記事

メタ防衛

無料
VIEW