ボーイングは米陸軍に新しい155mmラムジェットシェルを提供します

アメリカのXM1113やイタリアの火山などの新しい弾薬の登場により、近年、砲弾の射程が大幅に増加しています。 したがって、109口径のL / 6砲(39 mm砲弾の直径の39倍、つまり39 m)を搭載したM155A6,05パラディンが、従来の砲弾で20 kmの目標を攻撃するのに苦労した場合、40kmの目標に到達できるようになりました。 XM1113を使用すると、GPS、慣性またはレーザー誘導のおかげで精度が大幅に向上します。 これらのいわゆる「追加の推進力」シェルの到着に加えて、つまり、追加の推力の恩恵を受けています…

記事を読む

AC-130Jゴーストライダーガンシップからの高エネルギーレーザーをテストするための米空軍

ベトナム戦争の開始時に、米空軍は戦闘機の新しい概念であるガンシップを配備しました。ガンシップは、最初は第二次世界大戦のC-47ダコタ輸送用オート麦で、ポートマシンガンを搭載し、激しい戦闘に従事する地上歩兵を支援することを目的としていました。ベトコンの敵に対して。 このようにして、AC-47不気味なものが誕生しました。これは、空軍コマンド部隊の主要兵器の47つになりました。 しかし、戦闘の激しさが増すにつれて、C-19はこの任務に対して脆弱すぎることがすぐに明らかになり、12機の航空機のうち41機が敵の砲火によって破壊されました...

記事を読む

北朝鮮は潜水艦から発射された新しい弾道ミサイルをテストしたと伝えられている

現在、アジアでの新しいミサイル実験の繰り返し発表の間に数日余りがあります。 今回は、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)と呼ばれる、潜水艦から発射された新しいタイプの弾道ミサイルの発射に成功したことを発表するのは北朝鮮の番でした。 しかし今回は、アメリカの都市のような遠方の戦略目標を攻撃することを目的とした印象的な大陸間ミサイルではなく、より小さな寸法のミサイルであり、その形状と飛行計画は、北朝鮮が提起した近年のテストを彷彿とさせます。 …

記事を読む
メタ防衛

無料
VIEW