台湾の後、中国海軍は日本を威嚇しようとします

明らかに、北京は、新たに獲得した海軍力を近隣諸国、特にインド太平洋の超大国の野心を満たすのに十分なほど追い詰めていない人々に誇示することに非常に熱心であるように思われる。 確かに、持った後 台湾島の近くで主要な海軍演習の数を増やしました、今度は日本が中国艦隊の部隊配備を利用する番です。 遼寧空母空母打撃群が宮古海峡に再び配備、そして北京が東京に属するものとして争っている尖閣諸島の尖閣諸島の釣魚島(中国名)の郊外にあります。

この力の展開は、日本の当局が最近、北京に対してより確固たる立場をとったことから来ています。 米軍が日本軍の基地を使用することを許可する によって主導された侵略が試みられた場合に台湾軍を支援するために介入する 人民解放軍。 これまで、日本の当局は、尖閣諸島の漁業と鉱業資源の共同開発という相互に有益な合意に基づいて、北京に対して常に中立的な政策をとっていました。 70年代後半の福田武雄首相。

尖閣諸島での共通の主張にもかかわらず、鄧小平と福田赳夫首相は、1978年代初頭と2000年代に北京の立場が固まる前に、この問題について相互に有益な理解を築きました。

この記事の残りは、サブスクライバーのみを対象としています。

フルアクセスの記事は、「 無料アイテム「。 サブスクライバーは、Analyses、OSINT、Synthesisの完全な記事にアクセスできます。 アーカイブ(2年以上前)の記事はプレミアム購読者のために予約されています。

月額6,50ユーロから–時間の約束はありません。


関連記事

メタ防衛

無料
VIEW