中国の瀋陽が新世代ハンターの開発を発表…再び!

そのWeChatページの出版物を通して、AVICコンソーシアムに属し、とりわけ中国の空軍と海軍に装備するJ-11、J-15、およびJ-16戦闘機を開発した中国の航空大手瀋陽が軍は、新世代の戦闘機を開発するために研究を開始したと発表され、中国では第5世代、西部では第6世代として知られ、2035年に就役が見込まれています。西洋世代の分類に関する記事の残りの部分。 同時に、同社は中国海軍空軍向けの第5世代戦闘機の開発を開始したことも発表した。 このプログラムのモデルやタイミングは特定されていませんが、プレスリリースはFC-31(J-35と呼ばれることもあります)によって示されました。これは、北京が将来の空母を装備することを好むと考えられています。タイプ003カタパルトが装備されています。

これらの発表は確かに中国の軍事航空活動のオブザーバーを驚かせることはないでしょう。 確かに、から FC-31の新しい組み込みバージョンの開発の多くの反響 中国のソーシャルネットワークに投稿されました。 さらに、新世代航空機の開発も間接的に発表されており、2035年の就航日は、米空軍のNGADプログラムなどの新しい西洋航空機の就航予定日に対応しています。フォースと米海軍、ブリティッシュテンペストプログラム、さらにはフランスとドイツのSCAFでさえ、単純な頭字語よりも魅力的な名前を付ける時が来ました。 しかし、に関する最新の動向を考慮して 中国の発表と事実の現実との間のギャップ これらの発表の関連性について疑問に思うかもしれません。

J-31と呼ばれることもあるJC-35は、電磁式カタパルトを搭載した5型航空母艦に搭載される将来の第003世代の搭載戦闘機になると予想されています。

この記事の残りは、サブスクライバーのみを対象としています。

フルアクセスの記事は、「 無料アイテム「。 サブスクライバーは、Analyses、OSINT、Synthesisの完全な記事にアクセスできます。 アーカイブ(2年以上前)の記事はプレミアム購読者のために予約されています。

月額6,50ユーロから–時間の約束はありません。


関連記事

メタ防衛

無料
VIEW