日本はミサイル防衛のために2つの追加のイージス駆逐艦を建設する

水曜日の記者会見で、日本の岸信夫国防相は、政府が賛成したと発表した。 XNUMXつの新しいAEGIS駆逐艦の建設 の反ミサイル防御を置き換えるために 日本当局がキャンセルを決定したAEGISASHOREプログラム 専門家の報告がミサイルの発射が人口密集地域の空中要素からの落下を引き起こすことを示した後。 システムを陸上に移転する、海軍のプラットフォームに移す、さらにはサポートとして機能するリサイクルされた商用船に移すなど、いくつかのオプションを検討した後、最終的に最も信頼性の高いソリューションに向かっています。だけでなく、東京が好転した最も高価なものでもあります。

2021年に設計が開始される新しい駆逐艦は、日本海軍ですでに使用されている6つのイージス駆逐艦よりも大きく、特にマヤクラスの最後の2つの駆逐艦よりも大きく、重量はまだ8.200トンです。 実際、9.000トンを超えるでしょう、アメリカの駆逐艦アーリーバークフライトIIIと中国のタイプ055に匹敵する船を作ります。 したがって、Mk41垂直発射システムの数は 96個のMayaセル、タイプ112のように055セルに到達する可能性があります。したがって、主に対ミサイル戦に焦点を合わせたこれらの船は、大陸間弾道システムに直面して最近その有効性を示した多数のSM3ミサイルを受け取りますが、またから 東京が特に関心を持っている非常に用途の広いRIM-174SM6.

日本の自衛隊は、中国のDF-6およびDF21ミサイルを迎撃できるSM26ミサイルに特に関心を持っており、マヤクラスの駆逐艦と将来のイージス重駆逐艦を装備する予定です。

この記事の残りは、サブスクライバーのみを対象としています。

フルアクセスの記事は、「 無料アイテム「。 サブスクライバーは、Analyses、OSINT、Synthesisの完全な記事にアクセスできます。 アーカイブ(2年以上前)の記事はプレミアム購読者のために予約されています。

月額6,50ユーロから–時間の約束はありません。


関連記事

メタ防衛

無料
VIEW