中国の州の報道機関は、台湾島周辺の「闘争の可能性」について言及しています

Le 中国の国家サイトGlobalTimes.cn 台湾島周辺の人民解放軍空軍によるかなりの数の演習について報告する記事を本日発表しました。 記事で提起された議論は、この主題について相談された「専門家」を引用して、島をめぐる闘争の予想に基づいています。 実際、19月末以降、コロナウイルスCovid-4のパンデミックに関連する危機にもかかわらず、中国空軍は1947年以来独立した島の周りでXNUMX回以上の空中演習を実施してきました。

演習では、H-6長距離爆撃機、KJ-500早期警戒機、およびロシアのSu-11のローカルバージョンであり、大幅に近代化されたJ-27迎撃機が実行されます。 中国には当面3機の空中給油機しかないため、この種の航空機はこれらの作戦に参加しなかった。 島と本土を隔てる台湾海峡での作戦に加えて、中国の飛行機は島全体で演習を行うことにより、行動の範囲を拡大しました。

J11は、人民解放軍の標準的なヘビーインターセプターです。

この記事の残りは、サブスクライバーのみを対象としています。

フルアクセスの記事は、「 無料アイテム「。 サブスクライバーは、Analyses、OSINT、Synthesisの完全な記事にアクセスできます。 アーカイブ(2年以上前)の記事はプレミアム購読者のために予約されています。

月額6,50ユーロから–時間の約束はありません。


関連記事

メタ防衛

無料
VIEW