日本の超音速グライダーは対艦ストライキに使用できる

からの同僚 海軍ニュースは、常に十分な情報に基づいており、ATLAの未発表のビデオにアクセスできました。、買収、技術開発、ロジスティクスを担当する日本の防衛省機関。 後者は、日本で開発中の極超音速グライダーが対艦兵器、特に対艦空母兵器としてどのように役立つかを示しています。 これまでのところ、HVPG(超高速滑空発射体) 先月発表 日本の防衛省によって、地上から地上への兵器としてのみ提示されました。

ただし、ATLAの場合、HVPGの対艦機能はプログラムの最初から開発されるべきではありません。 海軍ニュースに指定されているように、HVPGは、敵軍(先験的な中国人)が占領する優先島としてターゲットにするために、日本の陸軍(JGSDF)のモバイルランチャーによって実装されます。 中国の空母を攻撃するために、日本は別の専用の長距離兵器、極超音速巡航ミサイルHCM(極超音速巡航ミサイル)を開発する予定です。

この図が示すように、日本ではXNUMX種類の極超音速兵器が開発されています。グライダーと巡航ミサイルです。 HVPGはINSとGPSのガイダンスを受け取ります。 対艦バージョンがそれから派生した場合、HCMのそれから派生した光学またはレーダー誘導システムを受信する可能性があります

この記事の残りは、サブスクライバーのみを対象としています。

フルアクセスの記事は、「 無料アイテム「。 サブスクライバーは、Analyses、OSINT、Synthesisの完全な記事にアクセスできます。 アーカイブ(2年以上前)の記事はプレミアム購読者のために予約されています。

月額6,50ユーロから–時間の約束はありません。


関連記事

メタ防衛

無料
VIEW