NATOはCovid-19危機の予算上の影響を恐れています

わずか数週間で、中国でのCovid19コロナウイルスの健康危機は、ヨーロッパを中心に、世界の健康、経済、社会の危機に変わりました。 イタリアを中心とするヨーロッパ諸国だけでなく、スペイン、フランス、ドイツ、オランダ、ベルギーも、感染の症例数と死亡者数が増加し続けており、健康能力を飽和させ、全体的または部分的な封じ込め措置のために、経済も停滞していると見ていますが、根本的な社会的危機を最小限に抑えるために、誰もが非常に大きな例外的な費用に直面しなければなりません。

大西洋同盟の事務局長であるイェンス・ストルテンバーグが発表したのはこの文脈においてです NATOに関する年次報告、ビジョン会議によって、コロナウイルスは義務付けています。 2019年に同盟国の防衛費がほぼ完全に増加し、9年のカーディフサミット以降、2か国が必要に応じてGDPしきい値の2014%に達した場合、それは何よりも重要です。コロナウイルスの影響は、軍事力ではなく、軍の予算に影響を及ぼし、同盟の政治指導者の懸念が集中しました。

2014年のカーディフサミットで、NATOメンバーは、2年までに防衛費をGDPの2025%に増やすことに合意しました。

この記事の残りは、サブスクライバーのみを対象としています。

フルアクセスの記事は、「 無料アイテム「。 サブスクライバーは、Analyses、OSINT、Synthesisの完全な記事にアクセスできます。 アーカイブ(2年以上前)の記事はプレミアム購読者のために予約されています。

月額6,50ユーロから–時間の約束はありません。


関連記事

メタ防衛

無料
VIEW