インドの軽戦闘機Tejasが今年ついに完全に運用可能に

時間でした! 昨日インドのライトハンター Tejas Mark 1は、完全に運用可能な構成で最初の飛行を行いました、またはFOC(最終運用クリアランス用)。 1980年代に開始されたLight Combat Aircraft(LCA)プログラムは、インド空軍の老朽化したMiG-21を迅速に置き換えるために、軽量で汎用性があり経済的な戦闘機を誕生させることでした。

35年以上経っても、LCA Tejasはまだその約束を果たしていません。 国家の航空機メーカーHALによるプログラムの混developmentとした開発と管理の誤りのせいで、このようなプログラムに期待される期待される速度や仕上げのレベルに追いつくことができません。 しかし、Tejasが特に野心的であるとは言えません。 長さ13m、翼幅8,2m、最大重量13t、積載量5tの世界最小の超音速戦闘機のXNUMXつです。

FOC構成を代表するTejas SP-21のタクシーテスト中。 最後の1個のTejas MkXNUMXの生産が残っているため、彼は国家設計の軽戦闘機で第XNUMX作戦中隊を編成します。

この記事の残りは、サブスクライバーのみを対象としています。

フルアクセスの記事は、「 無料アイテム「。 サブスクライバーは、Analyses、OSINT、Synthesisの完全な記事にアクセスできます。 アーカイブ(2年以上前)の記事はプレミアム購読者のために予約されています。

月額6,50ユーロから–時間の約束はありません。


関連記事

メタ防衛

無料
VIEW