コロナウイルスの発生により、NATOの演習「Defender2020」は最小限に抑えられます

しなければならなかった NATOの対応 特にロシアとその同盟国が最近実施した実際の状況での巨大な演習 ボストーク2018だけでなく、四半世紀に西ヨーロッパで行われた最大の軍事演習でもあります。 Defender 2020は、Defenderとも呼ばれ、西ヨーロッパで20.000万人近くのアメリカ人兵士を、冬の終わりから2020年の春までの間にずらした船や飛行機でヨーロッパの港や軍事基地に輸送することで構成されていました。 彼らはそこで約17000人のヨーロッパの兵士に加わり、運転を可能にしました XNUMXか国での一連の演習と演習、ベネルクスからバルト諸国にドイツとスカンジナビア経由で。 数万台の車両もアメリカから旅行をしましたが、 ヨーロッパで事前に配置された機器の使用は言うまでもありません。 NATOの帰郷。冷戦時代、西ドイツでの軍隊の年次リフォージャー演習を実施しました。

執筆時点では、Defender 2020の演習はまだ公式に維持されていますが、その範囲と範囲はすでにかなり縮小されています。 したがって、実際には、明確な政治的および戦略的目標を持った当初計画されたDefender 2020演習は、Covid-19の流行のためにもはや存在しません。 すでに純粋で単純にキャンセルされていない場合は、事実上すでに開始されており、装甲旅団を含む約6000人のアメリカ兵がXNUMX月末に配備されているためです。 その後、21月XNUMX日から。 しかし、物事はNATO軍にとってこれ以上進むことはないと信じるあらゆる理由があります。

このインフォグラフィックが示すように、Defender 2020の主な演習はバルト諸国とベルギーの間で行われ、副演習はノルウェーとイタリアで行われ、ヨーロッパ中からの軍隊の配備は言うまでもなく、フランス

この記事の残りは、サブスクライバーのみを対象としています。

フルアクセスの記事は、「 無料アイテム「。 サブスクライバーは、Analyses、OSINT、Synthesisの完全な記事にアクセスできます。 アーカイブ(2年以上前)の記事はプレミアム購読者のために予約されています。

月額6,50ユーロから–時間の約束はありません。


関連記事

メタ防衛

無料
VIEW