空軍の戦闘機は3000で10.000飛行時間の準備ができている2017戦争任務を持つでしょう

空軍は2017年の年次OPEX活動報告書を発表しました。特にシャマル作戦のラファールが実施したことを学びます 1500 以上の戦争ミッションe 8000 飛行時間と 400 以上の弾薬が発射されました。 2000 時間の飛行で、彼らが実質的に同じ数の任務を遂行したときの、サハラ ゾーンでのバルハン作戦の 3000 年の mi mi mi気楼。 また、5つのリーパードローンだけでも、6000回未満のミッションで約400時間の飛行時間を実行したこともわかりました。 Awacsの航空交通管制、KC135の空中給油、C130、C160、A400Mの輸送装置も高い需要がありました。

24か月を超えて発行されたニュース記事は「アーカイブ」カテゴリに分類され、プロの購読者のみがアクセスできます。
このオファーの詳細については、 こちらをクリック

関連記事

メタ防衛

無料
VIEW