フランス - イギリス間の戦闘ドローンプログラムFCASの再開

英国国防長官のGutoBebbは、次のように述べています。 ステルス戦闘ドローンの設計と製造の作業再開を発表、2030年までに。無人戦闘機(UCAV)プロジェクトは、ランカスター協定の重要な要素のXNUMXつでしたが、Brexitの投票後、保留になりました。 さらに、イギリスは新世代のフランスとドイツの戦闘機のプロジェクトについての詳細を望んでいました。

24か月を超えて発行されたニュース記事は「アーカイブ」カテゴリに分類され、プロの購読者のみがアクセスできます。
このオファーの詳細については、 こちらをクリック

関連記事

メタ防衛

無料
VIEW