フランス - イギリス間の戦闘ドローンプログラムFCASの再開

英国国防長官のGutoBebbは、2030年までにステルス戦闘ドローンの設計と製造の作業を再開することを発表しました。無人戦闘機(UCAV)はランカスター合意の重要な要素でしたが、Brexitの投票後は棚上げ。 さらに、イギリスはフランスとドイツの新世代戦闘機プロジェクトについての詳細を求めていました。 戦闘ドローンプログラムは、フランスとイギリスの空軍にとって戦略的です。 使用されているものとは異なるステルス技術に基づいて…

記事を読む
メタ防衛

無料
VIEW